汗があんまりでない・・・だから、体質を見直しました。

汗はかきましたが、それほど汗で困ったことはありませんでした。それは母親からの遺伝もあったと思います。小学生から高校までバレーボールをずっと頑張ってきました。周りのみんなはものすごく汗だく。それこそ、服がしぼれるほど。ですが、私は全然でした。汗をかいたとしても、うっすら。今思うと、ものすごく「私、大丈夫???」と聞いてあげたいくらいです。そして、汗はくさい。ということは、今ならわかりますが体の中には毒素が溜まっていたということです。汗をあまりかかないから羨ましがられたりもしましたが、私にとっては微妙でした。そして、こどもが生まれてから冷えとりに出会いました。少し冷えとりを実践したところ、少しずつ汗をかけるようになってきました。あわせてお風呂にて半身浴をしてみたり、少し入る時間を延ばしてみたりとしてみました。冷たい飲み物はできるだけ避けて、常温のものを飲んでみたりしました。そうしたら、どんどん体質も根本的には改善していないかもれないけれど、いい方向に向かっていったと思います。今では暑いときにはきちんと汗をうっすらでも人並みにかけるようになってよかったです。汗をかくことはかきすぎたらいろいろな面で恥ずかしい思いをしてみたりもしますが、かかないからいいというものではないです。サラフェは化粧崩れ防げるか